みなさま、お久しぶりのなつきんの地球一周シリーズですが、

前回岡山県での、エピソードに力を費やしすぎました。

そんな力を費やしまくった前回のブログ→なつきんの地球一周⑤

 

それからはこのあとのエピソードに関して筆が進まないというか、

キーボード打てないというか、進める気になりませんでした。

 

ですが、9月になり涼しくなりましたので久しぶりに

キーボードと向き合うことにしました。

 

今回はなつきんの地球一周最終回です。

写真盛りだくさんのスペシャルバージョンでお届けします。
結構、中二病みたいな記事です。

 

 

岡山のその後~灰の時代~

 

岡山の後はいろいろなことがありました、

バイトの連勤のため、センターから疎遠になったり、

船旅のことを考えたくなくて再び岡山に災害支援に行ったり、来たり。

福岡に帰ってからも手っ取り早く現実逃避できるワインで繰り返す日々が続いた。

ただただ、お金が無くなる一方であった。

やけ酒イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

 

そんなときに、ポスター担当のお兄さんから、

「大丈夫なん?そろそろポスター貼り活動に向き合わないと、目標の全額割引は厳しいよ」

と、現実を突きつけられました。


↑私を正しい道に導くポスター担当のひろたさん

 

 

大城 VS 大城

 

グサッ

わかっている、わかっている、わかってはいるけども

実行できない私に突き刺さった一言。

ブログ更新】パッケージの『地獄』とは | 大阪の印刷会社、坂井印刷所。

大学卒業して返済する奨学金はたくさんあるのに就職もせずに

いろいろ捨ててまで来た福岡。

 

本来の目的、世界をめぐること。。。

 

私は想像してしまった。

 

このまま夢をあきらめて地元に帰り、一緒に頑張った仲間たちが

世界各国を楽しそうにすごしてるすがたをSNSごしに

ひとりで見つめる未来を。。。

 

 

立ってスマホを使う人のイラスト(女の子) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

そのとき、、、

 

「お前は夢をあきらめるのか?」(マイソウル)から問われる。

 

逃げちゃだめだめ
逃げちゃだめだめ
逃げちゃだめだめ

 

そんな葛藤もあり、にひとこと

”NO”

とお伝えし、その後はポスター貼りに超専念しました👏👏

 

 

復活のNO~赤の時代~

 

それから本格的にポスター貼りを始めたのは2019年1月の後半クルーズまで

残り3か月のことバイトを調整して、週4~6日でポスター貼りに行きました。


↑赤文字のポス貼がポスターに行った日

 

週ごとに目標枚数を設定して、達成できるようにコツコツポスターを貼っていました。



↑ちなみに現在使用している手帳にも”食べすぎない”を毎週の目標に掲げている

 

そして、その年の3月に全額割引を達成することができました。



↑余談だが、このアウターは福岡の冬に耐えうる防寒着を買うお金がなく仲間からもらったもの

地元にいたら、絶対達成できなかった目標もこうやって達成できていたのは、

一緒に船旅を目指す仲間がいたからだと断言できます。

 

朝早くにみんなでモーニングを食べに行ったり、

ペアになってポスターを貼りに行ったり、

一人でポスター貼りに行ってる日でもメンタルがやられそうなときは

仲間に電話やセンターに電話をしてケアしてもらったり、

いろいろな表情の電話をする会社員のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

またポスター貼りを終えて帰ってきたら

”おかえり”と迎えてくれる家族みたいなみんな。

誰も知り合いのいない、福岡の地にこんなにたくさんの仲間ができて、

その人たちが私の地球一周をサポートしてくれたこと。

これが私が全額割引を達成できた最大の要因です。

 

 

余談ですが、四季あり、イベントが豊富な福岡の魅力

 

もちろん、毎回ポスターを貼るだけではなく、

毎週あった定例ミーティングでは一緒にご飯を作って食べたり、

プチ企画が行われたり、ハロウィンには仮装して

フォトジェニックを求めに行ったり、12月はクリスマスマーケット

ゴスペルを聞いたり、節分には櫛田神社のおたふくの門を通り、春には花見に行ったり。


今となれば、青春でした。そして、福岡市特に博多、天神あたり

季節ごとのイベントに対する気合(装飾)が強いので、街を歩いているだけでも

十分に楽しめます。(個人の感想です)

 

 

 

最後に

 

今回、まだまだ伝えたいことはありますが、

主に二つだけ、届けたい思いがあります。

 

世界一周に行くチャンスは誰にでもある

お金が本当になくともいける方法、プランを立ててくれたり

親身になって相談に乗ってくれるスタッフがセンターにはいます。

またスタッフは世界一周経験者なので、乗船まで充実したサポートを得ることができます。

基本的にはこの後、いけるかいけないかは自身次第です。

 

そして

センターには最高の仲間がいること

最高の環境に続いて、最高の仲間がいます。

現実離れした、世界一周。でもこの環境にいれば行くことが前提の仲間が集まるので、

会話も行動も世界一周に向けてのことばかり、いつの間にか自分も

世界に目を向けられるようになったり、苦手だった貯金もできたり

行動が変わってきました。

 

人によってはここに通うことが世界への最短ルートかも!?

 

ぜひ、ピースボートで世界一周をするならセンターに通うことをお勧めします。

 

さて、私にしては長くなりましたが、

これで”なつきんの地球一周~地球一周までの道のり~”はおしまいです。

また気が向いたら、実際に世界一周したときのことをお届けしますね。

ではまた。

 

——————————————————————

ボランティア割引制度でピースボートのクルーズに乗船してみたい方!

まずは↓をチェック☺️

ピースボートで世界一周にいこう!!